業務改善

従来の手法で行き詰っている業務改善について、オンサイト型アウトソーシングやチーム派遣のノウハウを活用することでもう一段階上の業務効率改善が実現できます。実行フロー、業務マニュアル、FAQ、スクリプトなどの各種ツールの改修も大事な改善要素です。

事例

官公庁関連

業種

官公庁関連

センター概要

席数:1000席(1300名)
稼動曜日:月~金
稼動時間:9:00~18:00

課題・お悩み

  • 人員の離職率10%の引き下げ
  • 座席の充足率90%への引き上げ

解決策

「チーム派遣」にて、常駐コーディネーターによる専属スタッフフォローを実施。スタッフ属性別にチーム編成を行い、実務習熟度合いとスタッフオリエンテッドな状況のケアアップを連動させた就業シフトの最適化を図る。

成果

離職率2%台、充足率99%台を実現。

課題・お悩み

  • スーパーバイザーが不足している
  • コアメンバーのレベルアップが急務

解決策

全スタッフを対象としたキャリアパスプランを実行し、不足しがちな管理レイヤーの充足と継続的なキャリアパス制度による安定的な組織形成に着手。また、計画的なフォローアップ研修、専任コーディネーターによる定期面談によってプランのコストパフォーマンスを定点で効果検証することで、形骸化しない取り組みを維持する。

成果

スーパーバイザー席数に対し在籍有資格者113%を実現。

課題・お悩み

  • 業務効率の最大化を図りたい

解決策

各工程別の業務効率を月次にて検証し、業務達成インセンティブを導入する。短期的かつ一方的な表彰制度では、優劣の二極化が進み、離職増につながるなどの逆効果現象も起こりえるが、個人評価だけでなくチーム単位での相対評価指標も参照することで継続的な効果を実現。

成果

導入後では業務効率の3倍以上を実現。